大倉山「らーめんshigetomi」カフェのようなおしゃれなお店で味わう絶品ラーメン。

「らーめんshigetomi」の「鳥取産大山鶏のわんたんめん(醤油)」

横浜市港北区大倉山にある「らーめんshigetomi(らーめんしげとみ)」を紹介します。

「らーめんshigetomi」ってどんなお店?

「らーめんshigetomi」の店舗外観

店主の重富さんは10年以上ラーメン業界に携わってきた方だそうです。そんな方が2016年に大倉山にて当店を開業。あっという間に評判が評判を呼び人気店の一つになりました。

テラス付きのおしゃれな外観は、まるでカフェのようでとてもラーメン屋には見えません。

システム・メニュー

システム

システムは後金制となっています。

メニュー

「らーめんshigetomi」のメニュー

「らーめんshigetomi」のこだわり

おもなメニュー
  • らーめん(醤油 or しお) 800円
  • 辛塩めん 850円
  • たっぷり野菜たんめん 950円
  • 辛口たっぷり野菜たんめん 1100円
  • 鳥取産大山鶏のわんたんめん(醤油 or しお)(昼夜各10食限定) 1100円
  • 特製ちゃーしゅーめん(醤油 or しお)(1日10食限定) 1200円

麺類は「らーめん(醤油)」、「らーめん(しお)」、「たんめん」など。+250円でミニ丼がつくお得なセットメニューもありました。
限定メニューの提供も行っているそうです。

食べてみました

鳥取産大山鶏のわんたんめん(醤油)

「らーめんshigetomi」の「鳥取産大山鶏のわんたんめん(醤油)」

とても綺麗な盛り付けで提供されました。丁寧な仕事ぶりが伺えますね。

「らーめんshigetomi」の「鳥取産大山鶏のわんたんめん(醤油)」

スープは鶏・魚介節・貝を使ったトリプルスープ。鶏の甘味がじんわりと口いっぱいに広がります。あまりに美味しくてゴクゴクと飲めてしまうスープです。

「らーめんshigetomi」の「鳥取産大山鶏のわんたんめん(醤油)」

麺は三河屋製麺の中細縮れ麺。適度に固さを残した茹で加減でした。

「らーめんshigetomi」の「鳥取産大山鶏のわんたんめん(醤油)」

ワンタンは大ぶりなものが5つ。丼の半分を覆いつくすほどの大きさですが、スープや他の具材を邪魔することなくトッピングとして良い仕事しています。とても美味しかったです。

(実食日:2018年10月13日)

まとめ

おしゃれな外観もさることながら、店内はとても清潔感に溢れていて、女性やファミリー客でも入りやすい雰囲気のお店でした。もちろん味の方も抜群。万人におすすめしたいお店です。

アクセス・店舗情報

アクセス

東急東横線「大倉山」駅から徒歩1分。出口を出て右手の一本路地に入った住宅街の中にあります。駐車場はありません。

店舗情報

店名 らーめんshigetomi(らーめんしげとみ)
住所 神奈川県横浜市港北区大倉山1-2-16(地図
アクセス
  • 東急東横線「大倉山」駅より徒歩1分
駐車場 なし
座席数 11席(カウンター5席、テーブル6席)
オープン日 2016年5月3日
公式
サイト
なし
レビュー
サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です