保土ケ谷「櫻井中華そば店」 トレンドスープに手揉みの自家製麺がマッチ!

「櫻井中華そば店」の「特製中華そば(醤油)」

横浜市保土ケ谷区岩井町にある「櫻井中華そば店(さくらいちゅうかそばてん)」を紹介します。

「櫻井中華そば店」ってどんなお店?

「櫻井中華そば店」の店舗外観

店主の櫻井さんは府中の「麺創研」グループで修行された方だそうです。
「麺創研」グループと言えば、現在活躍中の有名店の店主さんを多く輩出しています。
そんなこともあって、こちらの「櫻井中華そば店」も2017年9月の開業直後から話題店となっておりました。

「櫻井中華そば店」の開店祝い花

余談ですが、開店日には俳優の妻夫木聡さんからお花が届いていました。
店主さんと同級生なんだそうです。

システム・メニュー

システム

システムは前金食券制となっています。
券売機は入口入ってすぐ左手にあります。

メニュー

「櫻井中華そば店」のメニュー

「櫻井中華そば店」のこだわり

おもなメニュー
  • 中華そば(醤油 or 塩 or 煮干) 770円
  • つけそば 800円
  • 寿雀卵の玉子かけご飯 260円

レギュラーメニューは醤油、塩、煮干の3種類の中華そばとつけそばという構成。
サイドメニューの寿雀卵の玉子かけご飯も名物の一つです。

食べてみました

特製中華そば(醤油)

※2018年11月30日訪問時の感想です。

「櫻井中華そば店」の「特製中華そば(醤油)」

スープの表面に鶏油が浮いていて結構オイリーそうに見えます。

「櫻井中華そば店」の「特製中華そば(醤油)」

信州黄金シャモなどを使用している鶏ベースのスープに生揚げ醤油を合わせたものだそうです。
鶏をベースに醤油を立たせる組み合わせは俗に言う「ネオクラシック系」と呼ばれるトレンドをしっかりとおさえたスープです。

「櫻井中華そば店」の「特製中華そば(醤油)」

麺は手揉みの入った中太自家製麺。
この手のスープに合わせる麺としてはちょっと珍しくて面白いです。
福島県の白河系ラーメンを彷彿させる麺はモチモチとしていて、かなり僕好みでした。

具で特筆したいのは寿雀卵という玉子を使用した味玉。
黄身がたっぷり詰まって濃厚です。
僕はあまり味玉はトッピングしないのですが、この味玉ならトッピングはありだなぁと思いました。

寿雀卵の玉子かけご飯

※2017年9月15日訪問時の感想です。

「櫻井中華そば店」の「寿雀卵の玉子かけご飯」

サイドの寿雀卵を使ったTKG。
ご飯、玉子、醤油が別々で提供されました。

中華そばの味玉も黄身が濃厚でしたが、生で食べるこちらも黄身が濃厚で美味しかったです。

まとめ

横浜の中でも長らくラーメン不毛地だった保土ケ谷に誕生した今後が楽しみなお店です。

トレンドライクなスープに、手揉みを加えた自家製麺を組み合わせるという面白さはありますが、それだけではなく味も抜群でした。

店舗情報

店名 櫻井中華そば店(さくらいちゅうかそばてん)
住所 神奈川県横浜市保土ケ谷区岩井町53 稲村ビル1階(地図
アクセス
  • JR横須賀線、湘南新宿ライン「保土ケ谷」駅より徒歩2分
駐車場 なし(近所にコインパーキングあり)
座席数 12席(カウンター8席、テーブル4席)
オープン日 2017年9月15日
公式
サイト
レビュー
サイト

最後までご購読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です