関内「麺や 魁星」 白トリュフ油が香ばしいラーメン。

横浜市中区吉田町にある「麺や 魁星(めんや さきがけぼし)」を紹介します。

「麺や 魁星」ってどんなお店?

「麺や 魁星」の店舗外観

2018年9月まで「La らぁ麺 ニコル」が営業していた場所に同年10月にオープンしたお店です。
詳細はわかりませんが、屋号とメニューを一新してリニューアルオープンかと思われます。

システム・メニュー

システム

システムは後金制となっています。

メニュー

「麺や 魁星」のこだわり

「麺や 魁星」のこだわり

おもなメニュー
  • 醤油 780円
  • 塩 780円
  • コク塩(1日限定20食) 830円

麺類は「醤油」と「塩」。さらに1日限定20食の「コク塩」があります。
ユニークなのはスープの炊き出しの時に出た鶏油と白トリュフ油を使ったオリジナルの白トリュフ油をすべてのラーメンに使用していること。

食べてみました

コク塩ワンタン

「麺や 魁星」の「コク塩ワンタン」

提供時にトリュフ油の良い香りがしました。

「麺や 魁星」の「コク塩ワンタン」

鶏と貝を使った基本スープをさらに高温で炊き上げたというスープ。白湯だけどさらりとしていました。ちょっと塩分高めに感じましたが、美味しいスープでした。

「麺や 魁星」の「コク塩ワンタン」

麺は自家製の中細麺。パスタなどに使われるデュラムセモリナ粉やライ麦粉なども配合しているそう。モッチリ感のある麺でした。

具では鶏と豚のレアチャーシューがそこそこ厚みがあって美味しかったです。ラーメンでカボチャを使う発想も面白いなぁと思いました。

トッピングのワンタンは3個入り。皮が大きめなのは良いのですが、すぐに崩れてしまったのが残念でした。

(実食日:2018年11月12日)

まとめ

「La らぁ麺 ニコル」は18時から明け方までの営業でしたが、こちらは昼11時から24時までの通し営業になったのは嬉しいところ。場所柄、呑んだ帰りの〆にも使えそうなお店です。

アクセス・店舗情報

アクセス

JR根岸線または横浜市営地下鉄ブルーライン「関内」駅から徒歩5分ほど。イセザキモールを入ってすぐ右手の細い通りの先にあります。すぐ近くには「丿貫 福富町本店」があります。

店舗情報

店名 麺や 魁星(めんや さきがけぼし)
住所 神奈川県横浜市中区吉田町3-11(地図
アクセス
  • JR根岸線「関内」駅より徒歩4分
  • 横浜市営地下鉄ブルーライン「関内」駅より徒歩5分
駐車場 なし
座席数 カウンター10席
オープン日 2018年10月18日
公式
サイト
レビュー
サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です