小田栄「手打ち中華そば 酒田」 山形の有名店のインスパイアが味わえます。

「手打ち中華そば 酒田」のラーメン(身入り)+玉ねぎ

川崎市川崎区京町にある「手打ち中華そば 酒田(てうちちゅうかそば さかた)」を紹介します。

「手打ち中華そば 酒田」ってどんなお店?

「手打ち中華そば 酒田」の店舗外観

山形県酒田市にある有名店「ケンチャンラーメン」
酒田市出身の店主さんは同店の店主さんと親交があり、2018年9月にインスパイア店を開業しました。屋号の「酒田」は「酒田市」が由来なんですね。

2018年12月1日には川崎市中原区上平間に2号店がオープンしました。

システム・メニュー

システム

システムは前金食券制となっています。

メニュー

おもなメニュー
  • ラーメン小(200g) 650円
  • ラーメン中(300g) 700円
  • ラーメン大(450g) 800円

メニューはラーメンとトッピングのみの構成。「身入り」と呼ばれる無料トッピングもあります。これは上質な国産豚の背脂が追加されるというものです。

食べてみました

ラーメン小(身入り)+玉ねぎ

「手打ち中華そば 酒田」の「ラーメン小(身入り)+玉ねぎ」

提供されたのは器の縁までスープがなみなみと注がれた一杯。
小とは言っても一般的なラーメン屋さんに比べて量は多めです(普通のラーメンは150g前後)。

「手打ち中華そば 酒田」の「ラーメン小(身入り)+玉ねぎ」

スープは煮干しと豚骨を使ったニボトンスープ。
食べる前はジャンクなものを想像していたのですが、煮干しが結構効いていて意外とすっきりとしたスープでした。

「手打ち中華そば 酒田」の「ラーメン小(身入り)+玉ねぎ」

もう少し動物系を強くしたいのであれば、身入りにするとコクが増すのでおすすめです。

「手打ち中華そば 酒田」の「ラーメン小(身入り)+玉ねぎ」

麺は自家製麺。縮れの入った平打ちの太麺です。もっちりとしていてピロピロと食感が楽しめます。非常に僕好みの麺でした。

「ケンチャンラーメン」は未訪問なので、本家との比較はできませんが美味しかったです。

(実食日:2018年11月21日)

まとめ

川崎臨港地区というちょっとアクセスの悪い立地ですが、山形県のご当地ラーメンが味わえるのは嬉しいところ。
神奈川県内ではあまり味わえないタイプのラーメンなので、気になった方は訪問してみてはいかがでしょう。

アクセス・店舗情報

アクセス

JR南武線の「小田栄」駅または「川崎新町」駅から徒歩15分ほどの場所にあります。
両駅がある浜川崎支線は運行本数が少ないので、「川崎」駅から行く場合は川崎鶴見臨港バスを使う方がアクセスしやすいです。その際は「浅田三丁目」停留所が最寄りとなります。
駐車場はありません。

店舗情報

店名 手打ち中華そば 酒田(てうちちゅうかそば さかた)
住所 神奈川県川崎市川崎区京町3-13-10(地図
アクセス
  • JR南武線「小田栄」駅より徒歩14分
  • JR南武線「川崎新町」駅より徒歩15分
  • 川崎鶴見臨港バス「浅田三丁目」停留所より徒歩1分
駐車場 なし
座席数 10席(カウンター6席、テーブル4席)
オープン日 2018年9月15日
公式
サイト
レビュー
サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です