南太田「拉麺 大公」 横浜で絶品の味噌を味わうならココ!

「拉麺 大公」の「3枚チャーシュー焼き味噌」

横浜市南区南太田にある「拉麺 大公」を紹介します。

「拉麺 大公」ってどんなお店?

店主の葉山さんは札幌ラーメンで有名な「すみれ」で少しだけアルバイトをしていたそうです(修行ではないそう)。
その後、独学で焼き味噌ラーメンの製法を編み出し、2013年に横須賀の衣笠で開業。その後2017年に現在の横浜の南太田に移転してきました。

「拉麺 大公」の移転オープン日の様子 「拉麺 大公」の移転オープン日の様子 「拉麺 大公」の移転オープン日の様子

移転オープン日には神奈川の有名店からのお花がずらりと並んでいました。葉山さんの人望が伺えます。

店舗外観

「拉麺 大公」の店舗外観

京浜急行線「南太田」駅の改札を出て、道路を挟んですぐ目の前にあります。
「焼き味噌拉麺 拉麺 大公」と大きく書かれた看板が目印。

メニュー

メニューはかなり豊富です。レギュラーメニュー、曜日限定メニューに加えて、ほぼ毎日限定メニューが提供されています。

限定メニューの提供情報はTwitterで配信されているので、お店へ行く前に一度チェックしてみることをおすすめします。

レギュラーメニュー
  • 焼き味噌 830円
  • 海老出汁味噌 880円
  • スタミナ味噌 860円
  • 焦がし醤油 830円
  • 汁無し焦がし醤油 830円
  • コク塩 830円
曜日限定メニュー
  • 担々麺(火・金曜日限定) 880円

食べてみました

3枚チャーシュー焼き味噌

「拉麺 大公」の「3枚チャーシュー焼き味噌」

焼き味噌に3枚チャーシューをトッピングしたこの店の看板メニューです。

スープは厚い油膜が張っていて熱々。でもギトギト感はなく重たい感じは皆無です。
数種類の味噌をブレンドし高火力で焼き上げたという味噌は甘さと塩っぱさのバランスが絶妙です。

麺は中細の縮れ卵麺。黄色味がかっているのが特徴。札幌系の味噌でよく使われるものですね。
ボキボキの固さが残る麺とシャキシャキのもやしの組み合わせは食感が最高です。

焦がし醤油

「拉麺 大公」の「焦がし醤油」
「拉麺 大公」の「焦がし醤油」 「拉麺 大公」の「焦がし醤油」

味噌と同様に醤油も分厚い油膜に覆われています。横浜ではあまり見かけないタイプの醤油です。

濃い目のスープはなかなかパンチのある仕上がりですが、重たさはなく後味は意外とすっきりとしていて、ゴクゴクと飲めてしまうスープです。

黄色い卵麺は醤油の色が付いていると一段と美味しそうに見えます。こちらも炒めたモヤシのシャキシャキ感との組み合わせが最高です。

コク塩

「拉麺 大公」の「コク塩」
「拉麺 大公」の「コク塩」 「拉麺 大公」の「コク塩」

提供と同時に香ばしいニンニクの香りが食欲をそそります。

動物系のコクとニンニクのパンチが効いたスープ。このスープの力強さ横浜では唯一無二だと思います。

麺はこちらも卵麺。味噌と比べると甘さがより一層引き立っているように感じられます。

肉メシ

「拉麺 大公」の「肉メシ」

ご飯ものサイドメニューの一つ。
カリカリの切れ端チャーシューとそぼろが載ったどんぶりです。食べ応えあります。

半チャーハン

「拉麺 大公」の「半チャーハン」

時々提供されているサイドメニュー。

半チャーハンだけではなくですが、チャーハンもあります。
麺類のオーダーは必須で、チャーハンのみのオーダーは不可となっています。

大きめのブロックチャーシューがたっぷり入っているのが嬉しいところです。

店舗情報

店名 拉麺 大公(らーめん たいこう)
住所 神奈川県横浜市南区南太田1-8-24(地図
アクセス
  • 京浜急行線「南太田」駅より徒歩2分
  • 横浜市営地下鉄ブルーライン「吉野町」駅より徒歩8分
駐車場 なし
座席数 カウンター14席
オープン日 2017/04/07
神奈川県横須賀市公郷町2-16-4より移転。
公式
サイト
レビュー
サイト

おわりに

僕が味噌で一番好きなお店がこちらです。

横須賀時代は少々行きづらい場所にあってなかなか通えなかったのですが、横浜に移転してからは頻繁に通っています。

醤油と塩も良いですが、やはり味噌がおすすめです。
味噌はトッピングバリエーションも豊富なので、ぜひ好みの一杯を見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です