黄金町・阪東橋「黄金家」 生のほうれん草がオススメの家系です。

「黄金家」の「ラーメン+のり+ほうれんそう」

神奈川県横浜市中区末吉町にある「黄金家(こがねや)」を紹介します。

「黄金家」ってどんなお店?

「黄金家」の店舗外観

家系激戦区になりつつある黄金町・阪東橋界隈に2018年8月にオープンしたお店です。

なんでも伊勢佐木長者町の「永楽家」(閉店)で厨房を担当されていた方が、こちらでも厨房を担当しているとか。
詳しい経緯はわかりませんが、実質移転という形なのかもしれません。

システム・メニュー

システム

システムは前金食券制となっています。
券売機は入口入ってすぐ右手にあります。

メニュー

「黄金家」の券売機

おもなメニュー
  • ラーメン 680円
  • ピリ辛ネギラーメン 850円
  • Wネギラーメン 850円
  • チャーシューメン 880円
  • スペシャルラーメン 880円

メニューは「ラーメン」にトッピングの組み合わせが中心です。
デフォの「ラーメン」は680円で提供と、かなりリーズナブルです。

ラーメンのお好み
  • 麺の硬さ(硬め・普通・柔らかめ)
  • 油の量(多め・普通・少なめ)
  • 味の濃さ(濃いめ・普通・薄め)

食券を渡すときにお好みを聞かれます。
麺の固さ、油の量、味の濃さを伝えましょう。
麺を少なめにするオーダーもこのタイミングでできます。

食べてみました

ラーメン+のり+ほうれんそう

※2019年1月18日訪問時の感想です。

「黄金家」の「ラーメン+のり+ほうれんそう」

ドサっと大胆に盛られたほうれん草がインパクト大です。

「黄金家」の「ラーメン+のり+ほうれんそう」

スープは豚骨と醤油のバランスが取れたタイプです。
ほどよい塩分が疲れた身体によく沁みわたります。

「黄金家」の「ラーメン+のり+ほうれんそう」

麺は長多屋製麺製の中太麺。
柔らかめオーダーでしたが、スープによく絡む文句なしの茹で加減でした。

「黄金家」の「ラーメン+のり+ほうれんそう」

トッピングでとくにオススメしたいのが、横浜産のものを使用しているというほうれん草。
冷凍を使うお店が多い中、こちらのお店は生のものを使用し、新鮮でシャキシャキとした食感が味わえます。

どこの系統にも属さない亜流の家系だと思いますが、コスパもさることながら、味も文句なしでした。

まとめ

個人的に「永楽家」はあまり印象の残らなかったお店でしたが(訪問した時がたまたま下ブレだったのかも)、こちらはハイレベルな家系でした。
これまで何度か訪問しましたが、ブレがなく安定感があるのも良いです。

店舗情報

店名 黄金家(こがねや)
住所 神奈川県横浜市中区末吉町3-67-7(地図
アクセス
  • 京浜急行線「黄金町」駅より徒歩2分
  • 横浜市営地下鉄ブルーライン「阪東橋」駅より徒歩4分
駐車場 なし(近所にコインパーキングあり)
座席数 18席(カウンター14席、テーブル4席)
オープン日 2018年8月16日
公式
サイト
なし
レビュー
サイト

最後までご購読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です